鎌倉ロータリークラブ 2019-20 年度 運営方針

会長 横山英夫

2019ー20年度 会長を仰せつかりました横山英夫でございます。

鎌倉ロータリークラブは今年で創立59年を迎えます。

伝統と格式のある鎌倉ロータリークラブ発展のため、諸先輩方が培ってこられた教えを尊重しつつ、新しいことにも取り組みながら、クラブ運営をさせていただく、責任の重さを改めて実感しております。

鎌倉ロータリークラブは、会員数が80名を越え、2780地区においても二番目に大きなクラブになりました。そして、この発展を継続させることを第一と考えております。その為にはロータリーの基本である充実した奉仕活動を実施して、会員相互の親睦を図り、友情を深めることが発展に繋がると思います。そして、クラブテーマを「奉仕を学び、親睦を深め、未来に繋げよう。」としました。

社会に奉仕したいと思っても一人では出来るものではありません。また友人を作りたいと思っても一人で出来るはずもありません。

ロータリーという組織を通じて、またクラブ活動を通じて共に汗を流す事によって、社会へ「奉仕」もでき、ロータリークラブは、世代を超えた友情も芽生えるのだと思います。

また「クラブ活動は楽しくなければならない。」と菅原PGが良く仰っておりますが、正にその通りだと思います。本年度も笑顔で挨拶を交わし、楽しく正しいクラブ活動になるよう鋭意努力してまいりたいと思います。

【活動方針】

1、奉仕の意識を高める

社会奉仕活動へ積極的な参加

2、親睦を深める

例会、親睦会の充実

3、会員増強

新入会員の増強

会員維持

研修会を充実してロータリーを知る

4、新世代奉仕

インターアクトクラブ

ローターアクトクラブ

青少年交換

寛容な心を大切にして鎌倉ロータリークラブの発展の為、一年間一生懸命頑張りますので、皆様のご指導ご鞭撻の程よろしくお願い致します。

 

コメントは停止中です。