2018~2019年度 活動のご紹介

鎌倉ロータリークラブ 2018-19 年度 運営方針

会長 今村仁        

2 年後に設立 60 周年を迎える鎌倉ロータリークラブ。
私が入会させていただいた 13 年前は、50 名に足らんとする会員数でしたが、今や 80
名を超す大所帯となり、地区内で 2 番目に会員数の多いクラブになりました。
世の中で、大家族は生活面で苦しい反面、助け合って強い絆で結ばれている・・・。
鎌倉ロータリークラブもそんな大家族の様を呈しています。
私も、地区内のクラブを多く訪れましたが、鎌倉ロータリークラブの空気感は他には
ないと確信しています。
設立以来、諸先輩がご尽力され輝かしい歴史の積み重ねの賜物として、今のクラブが
あるものと思います。
私はこの鎌倉ロータリークラブのソフトを継承し、次年度にバトンを渡すことを主た
る活動の目的といたします。
具体的には、親睦委員会を中心に会員相互の親睦を図る事業を多く開催いたします。
そしてプログラム委員会にご尽力いただき、会員の意思高揚と連帯感を生む例会の開
催をお願い致します。
それらの相乗効果で奉仕プロジェクト各委員会から奉仕活動の具体的実践として、地
区財団補助金を活用したプロジェクトの立案にご尽力いただきたいと考えます。
結びに、鎌倉ロータリーファミリーが 60 周年に向かって一致団結して、
強い会員同士の絆で社会奉仕の実践をしている。
まわりの誰もがそう認識している団体になるべく、その先頭に立って会員の皆様と歩
む所存でございます。一年間のご支援ご声援よろしくお願い申し上げます。

組織図

委員会一覧表

コメントは停止中です。