2021~2022年度 活動の紹介


2021~2022年度 鎌倉ロータリークラブ会長所信         会長 箱山直樹

【会長所信】

コロナ禍による世界的パンデミックが治まらず先の見通しも立てにくい中2021-2022年度を迎えました。このような状況でロータリークラブの理念である奉仕の理想を実現するのは大変困難なことであると思います。しかしコロナ禍の今だからこそ私たちロータリアンが地域のリーダーシップを担い社会に良いことをしていく姿勢が求められているのではないでしょうか。

このようなことから私は今年度のクラブテーマを‘奉仕で輝こう’としました。ポール・ハリスはロータリーには「できない」と「できる」との葛藤で「できない」が永遠の勝利を収めた事は一度もありません、と言っています。コロナ禍の今、コロナだからできない仕方ないという言い訳をせず今できる事を一所懸命に行い奉仕の力で希望の星を地域社会に光らせたいと思います。

【活動方針】

1 奉仕の実践: 多様な社会奉仕を通して会員すべての積極的参加を図る。

2 親睦:    コロナ禍の中での感染対策を徹底し、新しい形での例会・親睦も

模索しつつ、より一層の充実を図る。

3 会員増強:  退会防止の手段を講じ会員維持に努めると共に、新会員を増強する。

コロナ禍の厳しい社会情勢は我がクラブも例外ではありません。この情勢の中会長職を務めさせていただくのは私にとって重すぎるほどの重責でありますが会員の皆様のことを第一に考えて少しでも鎌倉ロータリークラブのお役に立てるように職責を全うしたいと考えています。どうか皆様のご助力を賜れましたなら心強い限りです。よろしくお願いします。


2021-22組織図

コメントは停止中です。